旅行

【関東ITSで行く】琵琶湖・京都4日間の旅 3日目

f:id:ohnamuzi:20180923221933j:plain

どーも、オオナムヂです。

琵琶湖・京都4日間の旅、クライマックスの3日目でございます。
衝動買いした御朱印帳を手に、この日もあちこちの寺社をめぐりたいところですが、
1歳児を連れての旅なので、最優先はあくまでベビーの体調。
ハードスケジュールで巡ることはせず、この日もマイペースでゆったり行きます。

まずは腹ごしらえ

腹が空いては御朱印集めもできないので、まずはbreakfastから。
ホテルにも朝食バイキングがあるのですが、なかなか良いお値段がすることと
またまた嫁が行きたい店があるということで、こちらのお店に行きました。

四条烏丸の駅に直結しているラクエの中にあります。

平日の朝から喫茶店でbreakfast食べられるという幸せを噛みしめながら頂きました。

f:id:ohnamuzi:20180929204200j:plain:w300

伏見稲荷大社

3日目の最初の観光は伏見稲荷です。
これは嫁が行きたいところとして、唯一飲食店以外で挙げたところ。

四条駅から京都駅に行き、そこからバスで向かいます。

f:id:ohnamuzi:20180929204203j:plain:w250

京都駅だからすぐ来るだろうくらいに思って気軽に並んだら、40分後くらいにやっと伏見稲荷行きのバスが来ました。 バスが来る頃にはバス待ちが長蛇の列になっていたので、もしかしたら定刻よりも遅れたのかもしれません。

そんなこんなでやっとこさ着きました。

f:id:ohnamuzi:20180929204207j:plain:w250
f:id:ohnamuzi:20180929204211j:plain:w250

いやー

素晴らしい。

圧巻です。

f:id:ohnamuzi:20180929204431j:plain

千本鳥居。

これ、合成した写真じゃないですよ。
右が往路で、左が復路になってます。

数えてないですが千本以上ありそうな勢いでした。
これがずーーーーっと続くんです。

f:id:ohnamuzi:20180929204409j:plain

先日の台風で立ち入り禁止ゾーンもありました。

うーむ、残念。

そして、行きついた先には、、、

f:id:ohnamuzi:20180929204412j:plain

「おもかる石」

写真の「稲荷社」と書いてある一番上に鎮座している球体の石がそれです。

なんでも思い浮かべた重さよりも軽ければ願望が叶うという石だそうです。

ということで思い浮かべました。

がちでぎりぎり持てるくらいの重さを。

ええ、そういう人間ですよ私は。

何事にもリアルがちですよ。

で、持ち上げてみたら・・・・

めちゃ重い。。。。。

甘く見てた。。。。 お稲荷さんごめんなさい。
正直、甘く見てました。

女性もいるからボーリングの球くらいだろうと思っていたら
ボーリングの球の5倍くらいの重さでした。

マジ重いっす。

でも、まぁ思い浮かべてたよりは軽かったですけれども。

今後行く人は注意してください。

お稲荷様の秘密

伏見稲荷大社の中には、それはそれは数多くの鳥居がありますが、
大きい鳥居の左右にはお稲荷様がいます。

f:id:ohnamuzi:20180929204416j:plain:w250
f:id:ohnamuzi:20180929204420j:plain:w250

こんな感じですね。

写真を撮ってるときにも気づいたんですが、左右で咥えているものが違うんです。
特にそれを説明している立て札等が見つからなかったので、後で調べてみました。

すると、写真の左側が咥えているのは「鍵」、右側が咥えているのは「玉」だということがわかりました。
「玉」は伏見稲荷の霊特の象徴で、「鍵」はそれを身に着けようとする願望なんだそうです。

ちなみに、花火が上がるときに「たまや~~~」とか「かぎや~~~」とか掛け声が上がりますが、それは昔の花火屋が稲荷様を信仰していたからだそうです。

なかなか面白いですね~。

参道に感動

行きはバスで来たので、伏見稲荷に横から入った(?)形になりましたが、
帰りは電車で京都駅まで戻るので、正式な参道を通って帰ります。

f:id:ohnamuzi:20180929204424j:plain

参道から見たお社はこんな感じ。とにかくでかいです。

f:id:ohnamuzi:20180929204427j:plain

そして参道はこんな感じ。

大きな幅の道がドーーーーンと広がっています。

ちなみにこの参道を駅方面に向かっていくと、突当りはコンビニになっていましたw

もうお昼過ぎになってしまったので、京都駅に戻ってランチタイムです。

あ、

安心して下さい、忘れていませんよ。

f:id:ohnamuzi:20180929204514j:plain

伏見稲荷の御朱印は、すぐ目の前で書いてくれました。
今までの御朱印は、書いてるところ見れなかったので結構ドキドキしましたw

京都駅でランチ

京都駅の伊勢丹は7Fにキッズエリアがあって、ベビーはそこでご飯タイム。

大人は京都駅内で適当に済ませようとして、適当にお店に入ったら、
そこはさすが天下の都、京都。適当なお店でもうまい!

f:id:ohnamuzi:20180929204521j:plain

もはや適当すぎてお店の名前すら覚えていませんが、
丼ぶりが山椒がほのかに効いてて、うましうましと心の中で思ったことは覚えております。

平安神宮

午後は平安神宮に向かいました。
また京都駅からバスです。今度は全然待たずに乗れました。

f:id:ohnamuzi:20180929204436j:plain:w300

平安神宮って、平安京の時代のもの?と思っていたら明治になってから当時を再現して立て直したものだそうです。

平安神宮の参道にある鳥居は、京都で一番大きい鳥居だそうです。

f:id:ohnamuzi:20180929204441j:plain:w300

高さ24mもあるみたいですよ。

f:id:ohnamuzi:20180929204445j:plain:w300

我ながら、いい角度で取れてますね。

f:id:ohnamuzi:20180929204448j:plain:w300

伏見稲荷もさることながら、こちらもスケールがでかいです。

f:id:ohnamuzi:20180929204452j:plain:w300

どこも似たような建物で、あとで写真見返してもよくわからなくなりそうです。

f:id:ohnamuzi:20180929204455j:plain:w300

中に入ってもでかい。。。

f:id:ohnamuzi:20180929204459j:plain:w300

↑ これわかりますかね?向かって左側に生えている木が「右近の橘」
右側に生えている気が「左近の桜」です。

そもそも「右近の橘」、「左近の桜」という言葉自体を知らなかったんで写真すら取らなかったんですが、木の前には立て札でしっかるい「右近の橘」、「左近の桜」と書いてありました。その時はふーん、という感じだったんですが、次の4日目でまったく同じ立札を全然違う場所で見かけます。
詳細は4日目の記事にて。

f:id:ohnamuzi:20180929204518j:plain

平安神宮でも御朱印ゲットです。

若い巫女さんが目の前で書いてくれました。
しかし、達筆ですねー。見てて気持ちいい字体です。

スタバでぐだる、その後ホテルでぐだる

平安神宮の近くに蔦屋書店(漢字で書く方)があり、そこにスタバが隣接しています。
歩き疲れたから茶でも飲もうかーということで、立ち寄りましたがベビーにおやつをあげたりオムツ替えをしていたら、結構いい時間になってしまいました。
近くに八坂神社があり、そこも行こうと考えてたんですが17時を過ぎてしまい諦めました。

ということで夕食まで一旦ホテルに戻ったんですが、ドリンクサービスはあるわ、大浴場はあるわでここでもぐだり、気付けば18時半。

この旅唯一、予約した夕食を食べに出かけます。

最後の晩餐

ということでこの旅、最後の晩餐でございます。

f:id:ohnamuzi:20180929204502j:plain:w250

TENDANです。漢字じゃなくてアルファベットのほうです。

こちらで焼肉食べ放題を頂きました。

このお店にしたチョイスしたポイントは、ベビーへの対応が整っていることです。

f:id:ohnamuzi:20180929204504j:plain:w250

ベビー用具もそろっていて、2つ返事で椅子を持ってきてくれました。

f:id:ohnamuzi:20180929204507j:plain:w250 f:id:ohnamuzi:20180929204511j:plain:w250

久しぶりの焼肉、やっぱりうまいですね。

最後は当然冷麺で締めます。
ハーフサイズもあったんですが普通サイズにしたら
なかなかの満腹度合になってしまいました。

さてさて、明日はいよいよ最終日の4日目。

無事ベビー連れで大きなトラブルなく終えられるのか。
御朱印集めに進展はあるのか。
色々最後に行きたいところを検索して調べたいけど、
満腹からの睡魔に負けて、早めの就寝です。。。