旅行

【関東ITS健保】ホテルハーヴェスト伊東 宿泊レポート その2

どーも、オオナムヂです。
ハーヴェスト伊東宿泊レポート、前回は伊東までたどり着けずに終わってしまいましたのでここからが本番です。

線路は続くよどこまでも

f:id:ohnamuzi:20190309211527j:plain

▲平塚を後にして、次の乗り換え地である熱海へ。ここらへんから車窓から海が見えたりしてきます。

f:id:ohnamuzi:20190310094056j:plain

▲熱海では乗り換え時間の余裕がなくて、写真を撮れませんでした。いっきに伊東です。

f:id:ohnamuzi:20190310094058j:plain

▲時刻は6時前。結構時間がかかったなぁと思いつつ、ふと電光掲示板に目をやると、、、なんと宇都宮行きがあります。ということはあれですね、ホテルハーヴェスト伊東にとまった翌日、ホテルハーヴェスト那須まで、ほぼ電車一本で行けるという奇跡ですね。いやー線路ってつながってるんですね~。

f:id:ohnamuzi:20190310094105j:plain

▲ということで伊東ステーションです。駅の作りがおしゃれです。

f:id:ohnamuzi:20190310095255j:plain

▲ようこそ伊東温泉へ。

f:id:ohnamuzi:20190310094100j:plain
f:id:ohnamuzi:20190310094107j:plain

▲駅前の風景はこんな感じです。ここからハーヴェスト伊東へは徒歩10分くらいということなので歩いていきます。

f:id:ohnamuzi:20190310094113j:plain

▲駅前の大通りをひたすら進みます。

f:id:ohnamuzi:20190310094118j:plain

▲途中、川があり、そこから川沿いに進みます。川の両側にホテルが集中していて歩いてるだけで楽しいです。

f:id:ohnamuzi:20190310094123j:plain

▲進んでいるとハーヴェスト伊東らしき建物が見えてきました。

f:id:ohnamuzi:20190310094125j:plain

▲川を挟んですぐ隣には24時間営業のウェルシアがあります。

ハーヴェスト伊東に到着!

f:id:ohnamuzi:20190310094127j:plain

▲ということでハーヴェスト伊藤に到着です。パッと見、マンションですね。

f:id:ohnamuzi:20190310094129j:plain

▲いやー、見るからに高級感が漂っています。ハーヴェストのマークがライトで浮かび上がってます。

f:id:ohnamuzi:20190310094144j:plain

▲入るといきなり階段とエスカレーターが。どうやら受付は2階のようです。

f:id:ohnamuzi:20190310094147j:plain

▲入り口左側にはソファーが。

f:id:ohnamuzi:20190310094152j:plain

▲入り口右側には竹のうちというレストランですかね。

f:id:ohnamuzi:20190310094150j:plain

▲ベビーカーがあるので、エレベータに向かいます。むむむ!左奥にブッフェレストランがちらりと見えます。1階にあるなんて思ってなかったので面食らいました。

f:id:ohnamuzi:20190310094155j:plain

▲エレベータのボタン。3階~9階が客室で10階がお風呂みたいです。

f:id:ohnamuzi:20190310094200j:plain

▲2階につくと、いきなり色々陳列されています。買うこともできるらしいです。

f:id:ohnamuzi:20190310094203j:plain

▲嫁が受付を済ませている間にカメラ小僧になります。これが受付前にあるラウンジです。

f:id:ohnamuzi:20190310094205j:plain

▲エレベータ降りて左手にいくと、カフェがありました。頼みたい場合はここから電話するみたいですね。

f:id:ohnamuzi:20190310094208j:plain

▲カフェの全貌。おしゃれカフェ感が漂っています。

f:id:ohnamuzi:20190310094211j:plain

▲カフェの隣に併設される形で、ソファーの大群が置かれています。これ、ソファに座りながら撮ったんですが気持ちよかです。

f:id:ohnamuzi:20190310094214j:plain

▲なぞの球体があります。

f:id:ohnamuzi:20190310094216j:plain

▲ハーヴェスト那須でもあったんですが、本が色々置いてあります。読書は貴族のたしなみということなんでしょう。

f:id:ohnamuzi:20190310094219j:plain

▲さらに、ハーヴェスト那須同様、絵画も売られています。入札形式です。絵画鑑賞もきっと貴族のたしなみということなんでしょう。

なかなかのボリュームになってしまいましたので、今回はここまで!部屋の様子やら、お楽しみの夕食ブッフェについては次回レポートしていきます。