資産運用

30代妻子持ちサラリーマンの資産公開【2019年11月】

どーも、オオナムヂです。

更新が遅くなってしまったのは12月が忙しかったからでも、インフルエンザにかかったからでもなく、ただの怠慢です。ただ、資産の棚卸だけは月末にきちんとしていたので、その時の情報で記載していきます。

前回の記事はこちらから!

2019年11月の資産状況

カテゴリ
評価額
前月比
預金¥1,852,231-\108,842
保険商品¥4,516,535¥55,037
確定拠出年金¥3,431,302¥60,028
TOTAL¥9,906,752¥9,113

※1$=109.31円換算

預金がやばすぎます。先月がマイナス14万、今月がマイナス11万、完全な赤字経営ですが理由は明らか。完全に忘れていた賃貸の更新料と親戚がお亡くなりになったことのお香典です。ということで致し方なしの出費なので特に反省点はありません。
確定拠出年金が意外に強く、TOTAL資産がマイナス成長にならなかったのは心強いですね。

目標に対する進捗率

年間の目標額の対する達成具合をチェックしていきます。

カテゴリ7月8月9月10月11月12月
預金目標額¥1,962,709¥1,977,709¥1,992,709¥2,007,709¥2,022,709¥2,522,709
預金実績額¥2,031,724¥2,052,336¥2,104,459¥1,961,173¥1,852,331
預金予実差¥69,015¥74,627¥111,750-¥46,536-¥170,378
年金目標額¥3,208,670¥3,238,670¥3,268,670¥3,298,670¥3,328,670¥3,358,670
年金実績額¥3,228,672¥3,176,599¥3,271,118¥3,371,274¥3,431,302
年金予実差¥20,002-¥62,071¥2,448¥72,604¥102,632

今年も残すところ一か月になって、この預金の予実差は痛いです。来月はサラリーマンの大きな味方、ボーナス月ですがどこまで挽回できるか見ものです。確定拠出年金については、ほぼ今年の目標は達成可能だと思います。どこまで伸ばせるかといった感じですね。

来月はいよいよ今年の総決算。1年の振り返りをしつつ、2020年の目標も立てていきたいと思います。