時事問題

9月入学について考えてみる【今議論すること?】

どうも、オオナムヂです。

コロナ禍の昨今、9月入学に対する議論が沸き起こってますが、実際にどんなメリット・デメリットがあるのかを調べつつ、自分ながらの意見をまとめてみましたので、暇つぶしにどーぞ。

何故、今のタイミングで9月入学?

はい、まずはとっかかりからです。

何故、今9月入学という議論が持ち上がっているのでしょうか。

9月入学論は前からあった

9月入学論は前から存在してました。主に海外の大学は9月入学が多いので、日本もそれに合わせることで留学やらがしやすくなるといったことが背景にあります。

これらは膨大な調整が必要になるということで見送られてきた経緯があります。

コロナで学校が長期休校

現在、9月入学論が再燃している理由はこれですね。

学校が休校となり、児童に学習が行えない。一方、豊かな家庭ではオンライン授業を採用している家庭教師なり塾なりで、学習の機会を継続できているため、経済格差が教育格差を生み出す構造に拍車がかかっている現状があります。

これらの状況から、「失われた学習の機会を取り戻す」ために、9月入学論が話題になっているという状況です。

9月入学にすることのメリット

ということで、9月入学にすることのメリットは先ほども書いた通り、

①コロナによる学習の遅れ(学校行事含む)を取り戻すことが可能

になる点です。

簡単に言うと2020年4月~8月にかけては、日本全国の学校は活動していなかったことにしてしまって、約半年スライドさせていまおうということです。これにより、学習機会の遅れは存在しないことになります。当然卒業もその分伸びることになり、それが今後上げるデメリットにつながっていきます。

このメリットのいいところは、学校行事もそのままスライドして行うことができることです。例えば近所の農家の田植えの手伝いを6年生の5月の行事として予定していた小学校があるとすると、今年の6年生は田植えをすることなく卒業して今うことになりますが、9月入学にすることで、来年の5月に田植えをしてから卒業することができます。

要するに思い出迷子になる学年を無くすことができるということですね。

②ワールドスタンダードになる

2つ目のメリットは、昔から言われているこの点になります。

これによって、海外への留学者の増加や、海外からの教授・学生受け入れ増が見込めるということですね。

9月入学にすることのデメリット

膨大な調整が必要

デメリットは社会全体として膨大な調整が必要となる点です。

ではどんな調整が必要になるのでしょうか。

幼・小・中・高・大を一括9月スタートに

まず9月入学とするならば、それは小学校だけでなく、幼・小・中・高・大すべてで一斉に行われるべきとなります。仮に一斉対応しないのであれば、約半年間強制ニートが全国一世に生まれることになり、その間に裕福な家庭は家庭教師を付けたりして、教育格差が広がってしまいます。もしそうなれば何のために9月入学にしたのか、という議論が沸き起こってしまいます。

企業の入社も9月入社に

高校・大学の卒業が7月や8月になるならば、当然企業側も9月入社となるように舵を切ります。企業の会計年度とずれることで、既存の人事規定やら給与規定やらに一定の見直しをする必要性が生じます。

さらに、4月に新社会人となるケースに合わせて各国家試験が1~2月頃に実施されているケースもあり、これらもタイミングの調整が必要となります。

私見

上記、メリット・デメリットを踏まえての個人的な意見としては、「今、やる必要ある?」ってな感じです。

メリット・デメリットについて俯瞰してみてみると、9月入学に対してはやってできないことはなさそうですが、やるのであれば確実に多くのマンパワーを注力する必要があります。

それより先に議論することがあるのでは?

コロナ禍の自粛による経済問題が沸き起こる中で、そこに注力する必要がある?というのが個人的見解です。

そもそも自粛が長引いて経済的なダメージが多くなれば、それこそ一家心中なんてのも多く発生するようになってしまいます。命が失われれば教育も何もあったものではありません。

日本人としての無意識で共有している文化が失われる

少し角度を変えて、考えてみると「無意識下で共有している日本独自の文化」が失われてしまうのかな、とも思えて来ました。

たとえば、卒業シーズンといえば桜でしょう。

金八先生の最終回では、桜が散っているから感動のボルテージも上がる部分がきっと少なからずあるはずです。

日本人の心に、春は物事の終わりであり、新しいスタートであるという意識が根付いてしまっています。さらにそれは桜に象徴されています。ドラマや漫画、小説や映画などで、桜を登場させれば、出会いや別れを連想してしまうのが日本人です。

まとめ

ということで、9月入学のための膨大の調整をするのであれば、そのマンパワーを経済対策なりに費やしたほうが良い、と思いました。

9月入学論者には、議論が沸き起こった今がチャンス!この機を逃せば9月入学に変えるチャンスはない!と言っている方もいますが、その通りだとも思います。

個人的には、このまま一生4月入学で良いと思っています。やっぱり物事の始まりは春ですよね。うんうん。