資産運用

30代妻子持ちサラリーマンの資産公開【2020年4月】

どーも、オオナムヂです。

前回の記事を書いた時点から、あまりコロナの状況は変わりませんが、今月も粛々と、資産状況を確認していきたいと思います。

前回の記事はこちらから!

30代妻子持ちサラリーマンの資産公開【2020年3月】どーも、オオナムヂです。 先々月および先月の記事にて、コロナウイルスについて「来月の資産公開を出すころには終息に向かっていることを...

2020年4月の資産状況

カテゴリ
評価額
前月比
預金¥2,375,107¥22,557
保険商品¥4,742,394¥17,375
確定拠出年金¥3,532,816¥245,191
TOTAL¥10,650,317¥285,123

※1$=106.59円換算

先月は観測史上初となる全カテゴリで前月比減でしたが、今月は一転、全カテゴリ増加に転じました。
預金部門。保険部門は平年並みの増加となり、確定拠出年金については(詳細は後述しますが)資産の変更が奏功し、大きな回復となりました。

目標に対する進捗率

年間の目標額の対する達成具合をチェックしていきます。

カテゴリ1月2月3月4月5月6月
預金目標額¥2,478,569¥2,493,569¥2,508,569¥2,523,569¥2,538,569¥3,038,569
預金実績額¥2,426,686¥2,437,202¥2,352,550¥2,375,107
預金予実差-¥51,883-¥56,367-¥156,019-¥148,462
年金目標額¥3,584,238¥3,639,238¥3,694,238¥3,749,238¥3,804,238¥3,859,238
年金実績額¥3,579,353¥3,576,248¥3,287,623¥3,532,816
年金予実差-¥4,885-¥62,990-¥406,613-¥216,422

先月から持ち直しが見られるので、このまま6月まで経緯を観察したうえで下期の目標については下方修正していこうと思います。

確定拠出年金の状況f:id:ohnamuzi:20200501221143p:plain確定拠出年金は、上記の通り資産のほとんど(約90%)をゴールドに移転してきたので、それが功を奏しV字回復というまでには至りませんが、ある程度の反発復活を達成できました。ゴールド以外の株がすべてマイナス成長であることを考えると、大きな成果を得れたと自負しております。今後も状況を注視しつつ、基本はゴールド比重を重めで見守っていこうと思います。